QlSOP5MA.jpg


目次
1・腰痛の人の悩みとは?

2・たった3分腰痛解消法とは?

3・自分で腰痛を治す最も効果的な方法とは?

4・本当に効果はあるのでしょうか?

5・費用はどれぐらいかかるのでしょうか?

6・1日どれぐらい実践する必要があるのでしょうか?

7・デメリットは何でしょうか?

8・他の腰痛治療法と比べると・・・

9・腰痛の怖い話とは?

10・ヒロシからあなたへのメッセージとは?



0-2.gif



腰痛の怖い話とは?

今日は前回の予告どおり、腰痛に関する恐ろしいお話です。がく〜(落胆した顔)


私もそうでしたが、どうも世間の皆さんは
腰痛について甘い考えを持っているみたいですね。


仕事に、家事に、育児に追われながらも、
毎日休むことなくめまぐるしく働いている人は多くいます。


あなたは、疲れや痛み、辛さをギリギリまで溜め込んでいませんか?


頑張っている方々に共通しているのが、
多少の痛みを我慢し、自分の体の事は二の次にして
毎日を過ごしているというのが実に多いことです。


「つらいけどここが我慢のしどころだ」
「痛いけどそのうち良くなるでしょ」と心の中では思い、
同時に「いったいこの疲れきったカラダや痛みは、
いつ回復するのかなぁ・・・。」と考えるはずです。


あなたは、そんな状態に嫌気がさしているのではないでしょうか?


痛みや辛さに耐えて、懸命に仕事や家事、育児に努める。


それはそれで素晴らしいことです。


しかし、それでは、あなたの体は
確実に悪い状態になってしまいます。


腰痛の痛みは本人にとっては大変に辛いものですが、別な見方をすると痛みは身体の異常を知らせる警告のベルのようなものです。


痛みや辛さは我慢しているだけでは良くならないのです。


何故なら、人間の体というのは 「今の状態を何とかして!」と緊急信号を発し、それが痛みとなって表れるからです。


例えば、腰痛を我慢していると、そのうち関節がつぶれて最悪の場合、椎間板ヘルニアという状態になります。


休みたい気持ちはあるのにこらえて働き続けると不眠症や、
めまいなどが出てきて自律神経にも乱れが生じてしまいます。


そうなってしまうと身体はおろか、精神面まで疲れきってしまい、
元気を失って何もしたくなくなってしまいます。


また、鎮痛剤だけでの対処は、その後の対応によっては、
むしろ症状を悪化させてしまうこともあります。


神経を麻痺させて感覚を無くすような鎮痛のやり方は避けるべきで、痛みの起こっている真の原因を除くことによって痛みを解消する方法を探さなくてはなりません。


また、腰痛を一時的に解放させたとしても、その腰痛の原因を
根本から改善しないとすぐに腰痛が再発します。


例えば骨のズレによる腰痛などは、骨のズレを治さなければ、
痛みはいつまで経っても治まりません。 


とにかく、その痛みの原因を特定することが腰痛には大変重要です。


最悪の場合、ガンの後期にはよく腰痛を訴える人が多いのも事実です。


以上、腰痛にまつわるちょっと怖い話をしてきましたが、
あなたはこのままで大丈夫ですか?


私でお役に立てることがあればお手伝いさせて頂きますよ。


お気軽にご質問ください。


ご質問はコチラからどうぞ!


安全にリスク無く腰痛を治したいと考えているなら
コチラ
を購入した方が手っ取り早いと思います。


価格以上の価値はありますので。


次回は、ヒロシからあなたへメッセージが御座います。


同じ悩みを持つ仲間として宜しければ御覧下さい。


続きを読む>>>


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。